表札について、もっと知ろう

日本と海外の表札事情

表札の軽量化に努める姿勢

表札の軽量化が画期的に進んでおり、多くの人の注目を集めています。
以前であれば、重厚なつくりのものが多く存在しましたが、時代を経て、人々の考え方も大きく変化を見せています。
表札はあくまで、その家の象徴的な存在だけにすぎず、簡単であっても問題ないという風潮が生まれてきたのです。
昨今においては、防犯対策の一環として、表札を出さないという人も多くなってきています。
以前であれば、その家屋に住む人の名前はもとより、住所の詳細に至るまでを克明に表示したものが多く出回っていました。
しかしながら、今般では、あまり家屋内の情報を外部に漏らさないという取り組みのほうに重点がおかれるようになってきています。
個人情報の厳格な管理が行われているといえるでしょう。
この動きは、都市部についてはいうまでもなく、地方山間部においても、浸透してきています。
少し寂しい感覚も覚える人もいるのは事実でしょうが、安心安全を考えた場合には、頷けることです。

軽量の表札は影を活かしたデザインを作り出せる

なるべくデザイン性に優れた表札を店先などに飾りたいと考えている方々が、これこそ自分が求めていたものだと思われる事が多いのが軽量タイプの製品です。
重量が軽いからこそ数本の針を後ろに刺すだけで、全体を支えている様なデザインを作り上げる事が出来ます。
そういった本体を浮かせたデザインのメリットとしては、日差しが表札に当たるだけで大きな影を作る事が出来るという点です。
影というのはデザイン性にアクセントを加えてくれるもので、遠くから見ても店名などを目立ちやすいデザインにする事が可能になります。
派手な色を使ってでも店名を目立たせたいと思っていたけれど、自分の店には派手な色は全く似合わないと悩まされていた方も多いことでしょう。
そういった方に影が目立つ表札は評価されており、夜中には照明を当てる事で影を作り出せます。
これだけ大きな物をどうやって支えているのかと思えるぐらい、軽量な素材もあるからこそ派手なデザインも手軽に作り出せると喜ばれています。

おすすめWEBサイト

IWC パイロットウォッチ 買取 

Last update:2015/9/11


↑PAGE TOP

COPY RIGHT (C) 2015 表札あれこれ ALL RIGHT RESERVED