表札について、もっと知ろう

日本と海外の表札事情

あなたはどれを選ぶ?色々選べる表札の交換

引越しをした時に、前の住民の表札を交換するなどの機会があるのではないでしょうか。
表札には、こだわりがないという人も多くいるかもしれませんが、自分の名前が書いてあるだけの札にも様々な種類があるのです。
シンプルに名前だけ書いてあればいいという場合であっても、値段などに違いがあるので、どのような種類があるのか知っておくことが大切です。
実際に交換を行う場合、業者に依頼する方法と自分で換える方法があります。
安く済ませたいのであれば後者になりますが、長く使うのであれば業者に依頼したほうがより長持ちします。
また最近ではシンプルに名前が書いてあるだけのものではなく、デザインが重視された表札も増えてきています。
中には人気のキャラクターがデザインされている場合もあり、自分の趣味や好みに合わせてデザインを選択可能です。
名前が書いてあるだけの札と思っている人もいるかもしれませんが、家にお客様を迎える時の最初の札、だからこそデザインにこだわって選ぶ人も多くいるのではないでしょうか。

表札の上手な交換方法

表札は来客や宅配便が家を訪ねてきた時、そこが目的地であるかどうかを確認するのに使われます。
そのため家の表玄関のもっとも目立つ部分に取り付けるのが普通です。
表札は取り付け自体はとても簡単ですが、それを交換する場合は下準備をしたりとなかなか面倒な作業が必要になります。
特に古い方を剥がす際は、剥がし方を間違えると下のタイルやコンクリート部分を痛めてしまう事もあるので、剥がす時はゲンノウや電動カッターをあてて慎重に取り去る必要があります。
そうして古い表札を剥がした後は、長年の汚れが周囲に付着していますからまずそれを綺麗に落とす事からはじめます。
汚れはブラシと洗剤でこすり落としても構いませんが、高圧洗浄機があるならそれを使用するのがもっとも簡単で効果が高いはずです。
下地が破損したりペンキが剥がれたりした場合は、この時に補修して形を整えます。
後は下地になる素材に合わせて接着剤を選び、貼り付けて乾かせば完成となります。


↑PAGE TOP

COPY RIGHT (C) 2015 表札あれこれ ALL RIGHT RESERVED