表札について、もっと知ろう

日本と海外の表札事情

マンションの表札はプロの業者に依頼する

マンションを購入すると、ここが自分の家ですという宣言をするためにも表札を入れることが多いでしょう。
最近では防犯のために名前をあえて掲げないという場合もあるようですが、各棟の入り口にセキュリティーが設置されている場合は名前を出していることが一般的なようです。
自分で作ってもいいでしょうが、もし作る場合には業者に頼んだ方がきれいにできるというメリットが得られるでしょう。
その家の顔になる部分ですから、よほどの思い入れがあって技術もあるという場合以外はプロに頼んだ方がいいと考えるのが一般的です。
新築マンションなどの場合は、契約してから入居までの間に、カタログ等が渡されて提携業者に事前に発注できる場合も多いようです。
完成後に表札が入った自分のマンションを見るとマイホームを持ったという実感が強く持てるという効果も期待できるかもしれません。
表札作成の対応をしている業者は、様々なタイプのものを用意していますので、気に入ったものを選ぶといいでしょう。

マンションの表札アイデアいろいろ

一戸建てなら表札をつけるのがあたり前ですが、マンションにお住まいの方は付けない家も単身世帯などでは多いようです。
しかし、家族連れで、なおかつ長くそのマンションで生活するならば、やはりあった方が、誰が住んでいるか分かるし、訪問者も迷わずにすみ、ご近所づきあいにも便利でしょう。
表札を付けないということは、プライバシーをあかしたくない、つまり外の人たちに心を開いていない印象を与えてしまいます。
表札を付けると、知らない人にも、自分たち家族のことを紹介できる、いわばごあいさつがわりになります。
たとえば、お子さんが居るところは、木製の板に、アルファベッドやひらがなの文字を100均などで購入して手作りし、楽しみながら個性を出すのもよいのではないでしょうか。
たただし、設置する際は、個人情報を詳しくし過ぎない、配達の人など赤の他人も見るものなので、わかりやすく、簡潔にするなどの配慮をすることはもちろんかかせません。


↑PAGE TOP

COPY RIGHT (C) 2015 表札あれこれ ALL RIGHT RESERVED